洗い流さないヘアートリートメント

美髪になる方法

アラフィフ世代になると、年々身体のどこかに不調を覚えるようになってきます。
もうこれは仕方ありません(汗)

 

肌の衰えとともに一目瞭然なのが髪の衰えです。

 

年々髪の毛が細くなって、全体的にボリュームが少なくなってきましたし
髪をセットしていても、コシがないので上手くブローできなくなりました。

 

更には白髪の悩みも。

 

女性の髪の変化はホルモンバランスの乱れと大きく関係しています。

 

一般的に女性ホルモンの分泌は20代がピーク、その後は徐々に減少していき
40代〜50代の更年期時期に急激に下降していきます。

 

だから女性ホルモンの分泌が少なくなる40代以降に白髪・抜け毛・薄毛といった
髪のトラブルが一気に増えてくるんですよね。

 

年齢には勝てないとはわかっていますが、少しでもキレイでいたい!

 

髪のトラブルという自然現象に少しでも抗っていきたいところではありますよね。

 

健康でキレイな髪に必要なことをまとめてみました。

 

髪を美しく保つために必要なこと

 

・ストレスをなくす
最近は働く女性が増えたことで、肉体的にも精神的にも様々なストレスを抱える女性が増えています。

 

睡眠時間をしっかりとり規則正しい生活をすることが大切です。

 

このストレスという部分は難しいところですよね・・・。

 

性格にもよるところが大きいので一口にストレスをなくすとはなかなか簡単ではないのでしょうが、
もう私的にはクヨクヨせずにしっかり寝るのが一番だと思います。

 

・バランスの良い食事

 

外食産業やコンビニの発達などで、ついつい出来あいのお弁当に頼る人が多くなりましたよね。

 

健康な髪を維持するにはバランスの良い食生活を送ることが大切です。

 

肉やファストフード類はできるだけ控え、魚や野菜・豆類・海藻類などの食材を積極的に摂りましょう。

 

元々欧米人に比べて日本人は禿げる人が少なかったのですが、
最近は薄毛や抜け毛に悩む人が多くなってきています。

 

ハンバーガーや脂を使った料理に、ケーキやチョコレート、バターやチーズなどの
欧米流の高カロリーの食事が日本の家庭で浸透してきて
日本人の食生活が変化したことが影響していると言われています。

 

薄毛や抜け毛が特に気になる場合は、食生活を見直し、
昔ながらの野菜や魚中心の和食の食事に切り替えていきましょう。

 

 

髪にとって重要な栄養素

 

・たんぱく質
髪はたんぱく質でできているので、良質なたんぱく質を摂ることが必要。
大豆などの植物性たんぱく質や、肉や魚などの動物性たんぱく質もしっかり摂りましょう。

 

・ミネラル類
亜鉛や鉄分は髪質を守ってくれます。
亜鉛は貝類・ナッツ類・ドライフルーツ小豆・黒豆に多く含まれています。

 

・ビタミン類
ビタミンB群やビチオン(ビタミンH)が重要です。
ビタミンB1やビタミンB6はたんぱく質の代謝に関係してきます。
ビタミンB2は髪の細胞の再生をサポート。

 

・抗酸化成分
体内の活性酸素を減らせば薄毛予防に!
β−カロテン、ビタミンC、ビタミンEは代表的な抗酸化ビタミン。
トマトに含まれるリコピン、緑茶に含まれるカテキン、ベリー類に含まれるアントシアニン、大豆のイソフラボン。
これらの抗酸化成分の摂取を心がけましょう。

 

 

過度なダイエットも注意が必要

 

ダイエットによる食生活の乱れも髪への影響が大きく現れます。

 

一般的に髪は1日に0.4o、1ヶ月で約1p伸びます。
つまりものスゴイ早いスピードで成長しているということ。

 

成長するスピードが早いということは、その分栄養も必要になりますが、
ダイエットや偏食などで栄養補給が十分に行われないと

 

その分ダメージとして髪にあらわれてしまいます。

 

無理なダイエットは髪だけでなく、体にも影響しますので注意しましょう。

 

・適切なヘアケア

 

これは私にも言えることですが、アンチエイジングを意識するようになると「身体に良い」とか
「お肌に良い」と言われる製品にすぐ飛びついてしまう傾向がでてくるんですよね。

 

「髪や頭皮に良い」と言われてあれやこれやと使いすぎないようにすることも大切です。

 

やはり自分に合ったものを選んで適切なケアを行うのが一番。

 

ヘアケアで大事なのは、シャンプーをしたら必ずトリートメントは行いましょう。

 

トリートメントをするのとしないのとでは、髪への影響が大きく違ってきます。

 

 

 

ラサーナのヘアエッセンスは髪のパサつきを抑えてツヤを出す

最近の私のお気に入りのヘアケアアイテムはラサーナの海藻ヘアエッセンス。

 

 

洗い流さないヘアートリートメント

 

 

≪8年連続売上1位≫ラサーナ海藻ヘアエッセンス

 

 

 

ラサーナの海藻ヘアエッセンスの何が気に入っているかというと、
ズバリ!髪にツヤを与えてくれてパサつきを抑えてくれるところです。

 

私はくせ毛のコシがない髪質だったので、若いころから湿気がある日はもう髪の毛が大変だったんです!

 

うねってモワっとふくれるのダブルパンチ><)

 

だから高校を卒業して、パーマというものができるようになってからは常にストレートパーマをかけてました。

 

でもストレートパーマを頻繁にかけてると、どうしても髪は傷むしかかりも悪くなってくるんですよね。

 

30代になってからは普通のストレートパーマでは物足りなくなり、縮毛矯正をしていましたが
髪のダメージはもちろん進みます。

 

その結果、髪は傷んでパサツキまくり・・・。

 

縮毛矯正をかけると2ヶ月ぐらいまではまだ矯正力が効いてるんですけど、
それ以降はもう抑えが効かない状態で
髪の毛がボワーッとなって(@_@;)

 

パーマをかけ続けている分髪の劣化も進んでるし、加齢による劣化も重なってもう収拾がつかないくらい
髪のダメージやパサツキが進んでいました。

 

そんな時に友人からたまたま聞いたのがラサーナの商品だったんです。

 

友人はラサーナを使っている知り合いがご近所さんにいたようで、
何度かラサーナのサンプルをもらってたみたいです。

 

友人が使ったのはシャンプーとトリートメントのサンプル。

 

ラサーナの商品自体は友人も気に入っていたみたいですが、
値段がちょっと高くて自分は買えないけど、モノはいいと思うんで、
なんだったら使ってみたら?と言われたのがキッカケ。

 

もうパサついてウネりまくる髪に嫌気がさしていた私は、
藁をもすがる思いでラサーナを早速ネットで検索^^;)

 

実は全然ラサーナって知らなかったんですけど、ネットで見てみると
ヘアケア製品では割と有名なところだったようですね。

 

その中でも私の髪の悩みに一番マッチしたのが、海藻ヘアエッセンスだったんです。

 

口コミも評判良いようだし、一番の売れ筋ということだしってことで早速購入!

 

もう今では絶対外せない私のヘアケアアイテムの一つです。

 

≪8年連続売上1位≫ラサーナ海藻ヘアエッセンス

 

 

食べ物で髪も元気に 髪の健康におススメの食品

食べるものも髪の健康に大きく影響します。
髪の健康におススメの食品をご紹介します。

 

 

◇大豆
髪はたんぱく質で出来ているので、健康な髪の毛を育てるためには、
毛根が必要な栄養素、とくにたんぱく質をたくさん摂ることが必要です。

 

大豆は畑の肉と言われるほど、良質のたんぱく質が多く含まれています。

 

大豆には「レシチン」が多く含まれていますが、レシチンにはコレステロールを溶かしたり、
動脈硬化を予防する働きがあり、また血行を良くするリノール酸、血流を良くするビタミンE、
毛穴をきれいにするビタミンBなども豊富に含まれています。

 

体の健康にはもちろん、髪の健康を維持するために必要な栄養素であふれています。

 

大豆そのやものを摂るだけでなく、豆腐や納豆、味噌などの大豆加工食品も毎日摂るように心がけましょう。

 

きな粉は大豆を粉状にしたものなので、身体への消化吸収が良いです。

 

大豆製品が苦手と言う人はきな粉に牛乳を入れるなどしたものを毎日飲み続けると、
髪への効果が期待できます。

 

 

◇黒豆
・黒豆の効能
高血圧や糖尿病を改善に導く
「リノレン酸」「ビタミンE」「イソフラボン」が血液をサラサラにする効果
コリンは脳や神経の働きを活発にする働き
「イノシトール」は動脈硬化の予防
「サポニン」は血流を良くする働き
病気や老化のもととなる活性酸素を無力化する抗酸化作用がある。

 

黒豆は上に記したように高血圧や糖尿病を改善させる効能があると言われていますが
抜け毛や白髪を予防する効果があるとも言われています。

 

血液がドロドロになって頭皮の血行が悪くなると、毛根へ栄養がいきわたらなくなるので
抜け毛や白髪が増えたりします。

 

でも黒豆を食べることで「リノレン酸」「ビタミンE」「イソフラボン」が血液をサラサラにしてくれるので
頭皮も健康になり、抜け毛や白髪予防につながります。

 

また黒豆に含まれている成分である「イノシトール」は育毛効果もあるので
抜け毛や白髪が気になる人は是非黒豆を積極的に摂りいれることをおススメします。

 

黒豆だけでなく黒豆の煮汁も飲みましょう。
黒豆の成分の多くは水溶性のため、成分がたっぷりと溶けだした煮汁を飲むことで
より効果が大きくなります。

 

⇒黒豆と黒酢が入ったフジッコのクロクロ

 

 

◇黒ゴマ
ゴマには髪のツヤを良くするビタミンEが豊富に含まれています。

 

ゴマに含まれるセサミノールは活性酸素を抑制する抗酸化作用があるので、
髪への健康はもちろん身体にとっても効果的です。

 

ただ黒ゴマは脂肪分が多いので、1日大さじ1杯までを目安にするのが良いでしょう。

 

 

 

 

正しいヘアケア おススメのシャンプー&トリートメント

知ってましたか?
髪にとって大切なのは髪と頭皮の両方のケアをすることです。

 

◎髪のケア
実は髪って、一度傷ついていまったら自然に治ることがないんです。
つかり、髪を切らない限りそのダメージからは抜け出せないのです。

 

髪は生えてきたときが一番健康で元気な状態。
その状態を保っていくことが重要なんです。

 

だから髪を保護して、髪が傷まないようにケアすることが正しいヘアケアということになります。

 

では、どんなヘアケアが必要なのか。

 

ズバリ、それは『髪の毛』『頭皮』の2方面のケアが必要です。

 

じゃあ実際にどういうことをしていけばいいのかというと、

 

◎髪の毛を保護して傷まないためのケア⇒トリートメント

 

◎頭皮の汚れや皮脂を落とすケア⇒シャンプー

 

つまり、シャンプーとトリートメントが大事になってくるのです!

 

@髪を保護するケア A頭皮のケア
トリートメントで髪が傷まないよう保護する シャンプーで頭皮の汚れや皮脂を落とす

 

この髪と頭皮のケアが美しい髪をつくる根本のケアになります。

 

でも中にはシャンプーとトリートメントどっちも使っててのケアを頑張っているのに、
なかなかうまくいかないんだけど・・・と思ってる人もいるかもしれないですよね。

 

そういう人は、この頭皮ケアをもう一度見直してみるといいかもしれません。

 

特に髪と頭皮に良いシャンプーを正しく使うことで髪は大きな変化が表れます。

 

 

髪や頭皮に良いシャンプー&トリートメントを選んで正しいヘアケアをすることが大切

 

 

じゃあ、どんなシャンプーを選ぶといいの??

 

本来シャンプーは髪の毛についた汚れや整髪料、皮脂の汚れを取り除いて清潔で
健康な状態にする役目をしてくれるものなのですが、シャンプー選びを間違えてしまうと
逆に髪や頭皮に大きなダメージを与えてしまうことになります。

 

美しい髪を維持するには髪や頭皮にやさしいシャンプーを選ぶことが重要です!

 

では、どこに気をつけてシャンプーを選べばいいの?

 

ズバリ、それはシャンプーの洗浄成分です。

 

洗浄成分がアミノ酸系のものが髪と頭皮にとっては最も理想的なシャンプーといえます。

 

◎なぜアミノ酸系のシャンプーが良いのか?

 

アミノ酸は人間の皮膚・筋肉・骨・髪などのたんぱく質を構成する成分
             ⇒つまり私たちの体の中にある成分。

 

人の体を構成する成分であれば、髪や頭皮にとって問題ないというか優しい!ということになります。

 

おまけにアミノ酸は肌と同じ弱酸性で低刺激。

 

そしてアミノ酸系洗浄成分の最大の魅力は、潤いは肌に残して、汚れだけを選んで落としてくれる『選択洗浄性』があること!

 

つまり、アミノ酸系洗浄成分が入ったシャンプーは洗浄力とソフトさを兼ね備えた、まさに鬼に金棒のシャンプーと言えます。

 

アミノ酸系洗浄成分のポイント

ポイント1

たんぱく質(人間の体を構成する成分)をつくるアミノ酸でできているので、肌や髪に優しい

ポイント2

肌と同じ弱酸性で低刺激

ポイント3

植物由来のため分解されやすく地球に優しい

ポイント4

潤いは残して汚れだけをおとしてくれる『選択洗浄性』をもつ

 

 

じゃあ、アミノ酸系シャンプーをどうやって選べばいいの?

全成分表示をしっかりチェックしましょう!

 

*見分ける方法

シャンプーの全成分表示は配合比率の高い順に表示されるので、水の次に書かれているのが主要な洗浄成分になります。

 

ここに『グルタミン酸』『アラニン』『グリシン』などのアミノ酸の名称が記載されていたらアミノ酸系洗浄成分がメインのシャンプーということになります。

 

◆アミノ酸系の代表的な成分
・グルタミン酸系:ココイルグルタミン酸TEA・ラウロイヤルグルタミン酸
・アラニン系:ココイルグリシンK・ラウロイヤルサルコシンNa
・グリシン系:ココイルアラニンTEA・ラウロイヤルメチルアラニンNa

 

 

どんなトリートメントを選ぶといいの??

 

最近はトリートメントも色んな種類のタイプが増えてきています。

 

代表的なものを挙げると、お風呂で使う洗い流すトリートメントと、お風呂から出て使う洗い流さないトリートメントがあります。

 

では、このトリートメントはどんな役割があるのか見てみましょう。

 

◎お風呂で使う洗い流すトリートメント

 

この洗い流すトリートメントは皆さんも使いなれているので、馴染みが深いと思いますがトリートメントの基本ですね。
ダメージを受け傷んでパサツいてしまった髪を内部からしっかり補修してくれる役割があります。
シャンプーの後の髪が濡れた状態で使用しますが、これは毛髪のこるラックスという部分が水になじみやすい特性を利用しています。
表面的なものだけでなく、髪の芯から潤いを取り戻す手助けをしてくれる重要なアイテムです。

 

◎お風呂から出て使う洗い流さないトリートメント

 

洗い流さないトリートメントはぬるだけで手触りがグンと良くなることもあって大人気ですよね。
洗い流さないトリートメントは髪の表面をラッピングすることで、お風呂で使ったトリートメントの成分や
髪表面に残った水分をしっかり定着させる役割をしてくれます。
また、髪の内部にある油となじみやすい部分に浸透して、美髪成分や補修成分を毛髪内部まで届けてくれるんです。
つまり、洗い流さないトリートメントは髪の内側・外側の両方をケアしてくれる優れものなんです。

 

洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

お出かけ前の朝にスタイリング剤感覚で気軽に使うのがおススメ!
紫外線やエアコンによる乾燥など、髪が受けるダメージから守ってくれます。
ぜひ毎日のヘアケアに取り入れましょう。

 

 

≪8年連続売上1位≫ラサーナ海藻ヘアエッセンス